現在地

アグリーン顆粒水和剤, 除草剤

アグリーン顆粒水和剤

最終更新:
02.09.2019

除草剤

農林水産省登録: 
第22358号
包装: 
50g×20袋
作用機構分類番号(RAC番号)

除草剤分類 B

作用機構分類番号(RAC番号)の追加情報:「シンジェンタの耐性菌・抵抗性管理」

「アグリーン®」は日産化学工業株式会社の登録商標です。

有効成分: 
性状: 
淡褐色水和性細粒
剤型: 
顆粒水和剤

各種広葉雑草・カヤツリグサ科雑草に安定した除草効果を示します。

毒物及び劇物取締法

有効年限

  • 4年
  • 適用雑草と使用方法

    アグリーン 適用表

  • 特長

    1. 各種広葉雑草・カヤツリグサ科雑草に安定した除草効果を示します
    2. 日本芝だけでなく、ベントグラス、ブルーグラスのフェアウェイ、ティーグランドでも使用できます

    作用機構

    • アグリーン顆粒水和剤の有効成分であるピラゾスルフロンエチルは非ホルモン型吸収移行性のスルホニルウレア系除草剤です。雑草の根部、幼芽部、茎葉部より薬剤が吸収され、分岐鎖アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)の生合成に関与するアセトラクテート合成酵素(ALS)の活性を阻害することにより雑草を枯死させます。
    • 従来のスルホニルウレア系除草剤と同様に、雑草の生育は薬剤散布後速やかに停止しますが、完全枯死に至るまでには多少時間がかかります。雑草の黄化は処理後1週間頃から認められ、3~4週間程度で枯死します。冷涼気候の場合にはこれらの日数以上を要することもあります。
    アグリーン パッケージ

    上手な使い方

    • 標準的な使用薬量は0.02g/m2
      1,000Lタンクに対して2袋(100g)を目安にご使用ください(散布水量200ml/m2の場合)。ただし、多年生広葉雑草などに対しては、多めの薬量である0.03g/m2をお薦めいたします。
    • 雑草の発生初期に薬剤散布
      雑草の発生初期~生育期まで除草効果が期待できますが、発生初期(1~3葉期まで)の散布により最も安定した高い除草効果が得られます。
    • イネ科土壌処理剤との組み合わせ散布により、さらに広範囲の雑草防除が可能
      スズメノカタビラなどのイネ科雑草に対してはバリケード等のイネ科土壌処理剤と組み合わせてご使用いただくことで、イネ科雑草~広葉雑草~カヤツリグサ科雑草までさらに多くの雑草を防除することができるようになります。
    • 他系統剤との組み合わせにより安定した広葉雑草防除が可能
      アグリーン顆粒水和剤はイヌノフグリ類、ヤハズソウ、チチコグサ、ジシバリ、チドメグサ、ギシギシ、ヒメスイバ、スミレ類などの雑草に対して安定した効果が得られないので、これらの雑草が優先する場所ではこれらの雑草に対して効果の高い薬剤と組み合わせてお使いください。

    使用上の注意

    効果・薬害等の注意

    • 生育の進んだ雑草には効果が劣る場合があるので、時期を失しないように散布してください。
    • 周辺の植物にかかると薬害を生じるので、散布の際は芝生の中や付近にある草花や花木、畑作物などに薬液がかからないようその付近での散布はさけてください。
    • 本剤散布に用いた器具類は、使用後直ちに洗浄し、他の用途に使用する場合の薬害の原因にならないように注意してください。
    • 本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合や異常気象時は、病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。

    安全使用上の注意

    • 本剤は眼に対して弱い刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。
      眼に入った場合には直ちに水洗してください。
    • 本剤は皮膚に対して弱い刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。
      付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
    • 散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣等を着用してください。
      作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをしてください。
    • 公園等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。

    水産動植物に関する注意

    • 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。