現在地

アダッシュ顆粒水和剤

アダッシュ顆粒水和剤

最終更新:
02.09.2019

除草剤

農林水産省登録: 
第24218号
包装: 
1kg×10袋
作用機構分類番号(RAC番号)

除草剤分類 K1

作用機構分類番号(RAC番号)の追加情報:「シンジェンタの耐性菌・抵抗性管理」

「アダッシュ®」はユーピーエルジャパン合同会社の登録商標です。

有効成分: 
性状: 
白色顆粒
剤型: 
顆粒水和剤

毒物及び劇物取締法

有効年限

  • 3年
  • 適用雑草と使用方法

    アダッシュ®顆粒水和剤 適用表

  • 特長

    1. 発生前~発生初期のスズメノカタビラに対して高い除草効果を示します。
    2. SU除草剤への低感受性化が疑われるスズメノカタビラへの対策にご活用頂けます。
    3. アルテミストフロアブルアシュラスター液剤等と組み合わせることで様々な散布タイミングに対応できるとともに、幅広い雑草に対して高い除草効果が期待できます。

    各種雑草への効果

    アダッシュ®顆粒水和剤 各種雑草への効果

    使用上の注意

    効果・薬害等の注意

    • キク科雑草優先の場合は使用をさけてください。
    • 本剤は雑草の生育した後では効果が劣るので、雑草の発生前から発生初期の土壌全面に均一に散布してください。
    • 必ずターフが形成された芝生に使用してください。
    • 土壌処理型除草剤は、一般的に散布後速やかに土壌に吸着され処理層を形成しますが、散布後の急激な降雨などにより一部池などに流れ込む場合があるため、散布に当たっては周囲の状況や気象に十分注意してください。
    • 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。散布器具の洗浄水等は河川等に流さないでください。また、空容器は環境に影響を与えないように適切に処理してください。
    • 周辺の作物にかかると薬害を生じるので散布の際は芝生の中や付近にある農作物に薬液がかからないようその付近での散布はさけてください。
    • 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。

    安全使用上の注意

    • 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
    • 本剤は皮膚に対して弱い刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
    • 散布液調製時及び散布の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをしてください。
    • 公園等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。