マメコガネ

学名

Popillia japonica Newman

形態

成虫は体長10~13mmの小型のコガネムシ。
色は光沢のある緑色で、翅の表面は黄褐色から茶褐色を呈します。

マメコガネ

害虫の生態

北海道から九州にわたるゴルフ場に広く分布します。
名前のとおり、成虫は晴天の昼間にマメ科の植物を好んで摂食します。発生が多いときには、1匹の雌に何十頭もの雄が群がっているのを見かけることがあります。成虫発生時期は6月から10月頃の年1回で、寿命は約2週間です。地中に生み付けられた卵は2週間前後で孵化し、2週間程度の1令期、3~4週間の2令期を経て3令幼虫となります。幼虫による芝の根に対する被害は2~3令幼虫によって9月前後に乾燥害とあいまって現れることが多いようです。3令幼虫で越冬し、翌年の5月頃から蛹になりはじめ、2週間程度で成虫となります。

マメコガネの生態

防除のコツ

コース管理に従事している多くの方々は、このマメコガネが周辺植物の葉を摂食していたり、ティーグランドの隅のほうなどで成虫がだんご状になっていたりするのを見かけたことがあるかと思います。
市販されているフェロモントラップで、成虫を捕まえて減らし、発生消長を確認して適期に薬剤処理をすることで成虫・幼虫を防除することが可能です。成虫は周辺植物をエサとするので、成虫対象の薬剤散布は芝だけでなく周辺植物に散布することでも防除効果はあげられます。幼虫対象の防除適期は地域にもよりますが、6月前後の成虫発生ピークから1~2週間経ち、若い幼虫が多くなる頃です。また、耕種的防除としては、このコガネムシ成虫はマメ科の植物を特に好むため、周辺にマメ科植物を植栽しない、または除去することも検討しても良いかもしれません。

虫コラム

マメコガネの英名は「Japanese Beetle (日本のコガネムシ)」といいます。
マメコガネはアメリカでは果樹などの非常に重要な害虫となっており、研究が進んでいます。日本からアメリカに侵入したのは1910年から1920年頃のようで、果樹などの樹木の害虫として甚大な被害をもたらしたようです。日本で「マメコガネ」と命名されるほどマメ科植物を好んで食べるのですが、ゴルフ場にはどんなマメ科の植物があるのでしょうか。

雑草ではヤハズソウ、クローバー、カラスノエンドウなどがマメ科です。コース周辺の植物ではクズもマメ科です。マメコガネに食べられてぼろぼろになったクズの葉を見かけることは多いかと思います。樹木ではアカシアの仲間、ハギの仲間がマメ科です。
また、ティーグランド近くに藤棚はありませんか。フジもマメ科です。
ゴルフ場にはマメ科植物は意外と多く存在します。これらはマメコガネだけでなく、ヒメコガネなど他のコガネムシ類にとっても格好の餌となります。
薬剤などによる防除がなければ、彼らにとってゴルフ場は理想的な環境に違いありません。