現在地

病害ポケットブックオンライン版

サマーパッチ病
パッチ症状の病害

サマーパッチ病

【寒地型芝】
特にスズメノカタビラやケンタッキーブルーグラスで発生することが多く、最初に灰色がかったような色調で10~15cm程度の不定形パッチが形成されます。...

赤葉腐病 (レッドスレッド)
パッチ症状の病害

赤葉腐病 (レッドスレッド)

【寒地型芝】
【バーミューダグラス】
ピンク~赤色を呈する定型~不定形のパッチを形成します。パッチの大きさは5~60cmにまで及びます。...

紅色雪腐病
パッチ症状の病害

紅色雪腐病

【寒地型芝】
紅色雪腐病は、ほぼ円形で水浸状のパッチを形成します。色は、黄色、黄褐色またはサーモンピンク色で、直径は2.5から30センチです。...

雪腐小粒菌核病
パッチ症状の病害

雪腐小粒菌核病

【寒地型芝】
雪腐小粒菌核病は融雪時に明確に分かります。パッチは麦わら色~灰白色で直径約10-20cmの大きさで、融合し不定形となります。雪腐小粒菌核病は、...

スプリングデッドスポット
パッチ症状の病害

スプリングデッドスポット(仮称)

【バーミューダグラス】
バーミューダグラスが美しい緑色となる初夏に、いつまでも円形状に休眠している個所が見られる場合、スプリングデッドスポットが疑われます。...

立枯病 (ゾイシアデクライン)
パッチ症状の病害

立枯病 (ゾイシアデクライン)

【ノシバ・コウライシバ】
春期にノシバ・コウライシバの萌芽が揃わない、もしくは秋期にパッチ状に枯れてくる場合、ゾイシアデクラインの可能性が考えられます。...

ブラウンパッチ
パッチ症状の病害

ブラウンパッチ

【寒地型芝】
ブラウンパッチの症状は、気象条件、土壌や水分等の環境条件、芝の品種、芝の刈高の程度、施肥状況に応じて大きく異なります。通常、...

ラージパッチ
パッチ症状の病害

ラージパッチ

【ノシバ・コウライシバ】
ラージパッチはパッチ状又はリング状に芝を枯らし、その直径は10cmくらいから10mまで様々である。パッチの外観は褐色から黄色で、...

ラージパッチ
パッチ症状の病害

ラージパッチ その2

【ノシバ・コウライシバ】
ラージパッチはパッチ状又はリング状に芝を枯らします。その直径は10cmくらいから10mまで様々です。パッチの外観は褐色から黄色で、...

象の足跡
パッチ症状の病害

象の足跡

【ノシバ・コウライシバ】
この病害は、特に刈高の高いノシバに発生が目立ちます。頻繁に低く刈り込みをしているエリアではこの病害が発生しにくい傾向にあります。...

疑似葉腐病(春はげ症)
パッチ症状の病害

疑似葉腐病(春はげ症)

【ノシバ・コウライシバ】
直径10~50cm程度(それ以上の場合も時々見られる)の楕円形もしくは不定形のパッチが形成されます。パッチは麦わら色(褐色)を呈します...

疑似葉腐病 (イエローパッチ)
リング症状の病害

疑似葉腐病 (イエローパッチ)

【寒地型芝】
疑似葉腐病(イエローパッチ)は、秋から春にかけて発生します。直径30~90センチのリングやパッチ症状が現れ、黄色・薄茶色・...

ネクロティック リングスポット病
リング症状の病害

ネクロティック リングスポット病

【寒地型芝】
【ノシバ・コウライシバ】
日中の温度が21~24℃になる晩夏から初秋にかけて根・匍匐茎に感染が始まり、10~15℃...

立枯病 (テイクオールパッチ)
リング症状の病害

立枯病 (テイクオールパッチ)

【寒地型芝】
テイクオールパッチは、しおれを伴った円形のパッチやリングが発生します。これらのパッチは、茶色またはブロンズ色に枯れ、...

フェアリーリング病
リング症状の病害

フェアリーリング病

【寒地型芝】
【バーミューダグラス】
【ノシバ・コウライシバ】
コムラサキシメジは秋になるとキノコを形成させます。芝が緑色を保っている間...

偽ブラウンパッチ(仮称)
リング症状の病害

偽ブラウンパッチ(仮称)

【寒地型芝】
直径数十~1m程度の円形状もしくは楕円形のリング状パッチが形成されます。パッチは黄及び黄褐色を呈します。...

ドレクスレラ属菌による葉枯病
スポット症状の病害

ドレクスレラ属菌による葉枯病

【寒地型芝】
【バーミューダグラス】
茶及び茶褐色で円形及び楕円形の数cm程度のスポットが密集し、数十cmのパッチを形成します。...

ダラースポット病
スポット症状の病害

ダラースポット病

【寒地型芝】
【バーミューダグラス】
【ノシバ・コウライシバ】
ダラースポット病は、窪んだ円形のパッチになります。このパッチは、...

カッパースポット(仮称)
スポット症状の病害

カッパースポット(仮称)

【寒地型芝】
【バーミューダグラス】
カッパースポットは最初、黄土色から赤っぽい色の小さな病斑として葉に現れます。...

ベントグリーンに発生する黄色いスポット
スポット症状の病害

ベントグリーン 黄色いスポット

【寒地型芝】
春から晩夏にかけてグリーンなどに直径が3センチ程度の円形で黄色いパッチが目立つことがあります。個々の植物が黄化するだけの場合と、...

葉枯病
スポット症状の病害

葉枯病

【バーミューダグラス】
【ノシバ・コウライシバ】
カーブラリア葉枯病は葉身や葉鞘に楕円形の小斑点ができます。斑点には薄い円紋が見られ、...

ドライスポット
輪郭のはっきりしない病害

ドライスポット

【寒地型芝】
【バーミューダグラス】
【ノシバ・コウライシバ】
床土に含まれる砂の粒子自体が撥水性を生じるようになり、...

炭疽病
輪郭のはっきりしない病害

炭疽病

【寒地型芝】
炭疽病は暖かくなると発生し、病原菌の感染する場所によって2タイプの炭疽病(葉枯タイプと株腐タイプ)に分かれます。...

炭疽病
輪郭のはっきりしない病害

炭疽病 その2

【寒地型芝】
炭疽病は暖かくなると発生し、病原菌の感染する場所によって2タイプの炭疽病(葉枯タイプと株腐タイプ)に分かれます。...

ピシウム病
輪郭のはっきりしない病害

ピシウム病

【寒地型芝】
ピシウム病害は、夜間湿度が高い場合に突然発生します。特に最もじめじめしたエリアや、排水不良のところでよく見かけます。...

藻
輪郭のはっきりしない病害

【寒地型芝】
【バーミューダグラス】
【ノシバ・コウライシバ】
緑~青黒色で地表部に厚いマット層を形成する特徴があります。色の違いは、...

さび病
輪郭のはっきりしない病害

さび病

【寒地型芝】
【バーミューダグラス】
【ノシバ・コウライシバ】
さび病は、まず茎葉に明るい黄色の斑点を発生させます。...

ほこりかび病
輪郭のはっきりしない病害

ほこりかび病

【寒地型芝】
【バーミューダグラス】
【ノシバ・コウライシバ】
芝の葉が大量の小さい粒に覆われます。...